スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
考えさせられる広告
日常の中では、あらゆる場面において広告を目にします。

テレビだったりラジオだったり、新聞、雑誌。

最近ではインターネット広告も数多く見かけることがありますが、その中で特に印象深い広告というのは、ふとした時に思い出したりします。



私が今まで見た広告の中で印象に残っているのは、

「公共広告機構」のテレビ広告

配信された広告は、どれも社会情勢を踏まえたような、考えさせられるような内容ばかり。

どの広告も全て印象的なのですが、やはり子供を持つ身としては、「逆・授業参観」というタイトルの付けられた広告が凄く気になってしまいました。



親の授業を子供が見ているのですが、「息子」「娘」という作文を書いてきて、それを発表するというもの。

一人のお父さんが当てられて、作文を読み始めるのですが、

趣味は…と言って、その後言葉に詰まってしまう。



人事じゃないと思いました。

子供が大きくなってくるに従って、広がる子供の世界。

それは、親から離れたところで大きくなり始めて、やがてお互いの間に隔たりが出来てしまったり、隔たりはなくとも、遠すぎて中々覗けなくなるんだろう。
子供を知ってください、話してください。

そんなメッセージの籠められた広告を見た時、私はとてもドキリとしました。



広告を見て考えさせられる。

そんな広告も良いな、と思うのです。
スポンサーサイト
別窓 | テレビ広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200902170000
<<丸善石油の広告~オー・モーレツ! | 印象に残った広告教えて(テレビ広告、インターネット広告、etc) | 今でも忘れられない広告>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| 印象に残った広告教えて(テレビ広告、インターネット広告、etc) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。