スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
ソフトバンクの広告
やっぱりソフトバンク広告

毎回面白い。゜+.(・∀・)゜+.゜



インパクトがある広告としても有名ですよね。



音楽などの印象ではなく

セリフであれだけインパクトを与えるのは

スゴイと思います

何度も見ているうちにセリフを覚えてしまうような

テンポの良さには毎回、関心しています。

そして毎回、謎が残る設定も

面白いなぁって感じています

続きがあるのかなぁって感じでワクワク(。-∀-)



テレビ広告は映像や音楽で印象に残るものが

多いと思うけど

ソフトバンク広告は画面を見なくても

楽しめる所が魅力的だと思います

上戸彩ちゃんの起用も良かった♪



今後も期待しちゃいます(○゜∀゜○)  




スポンサーサイト
別窓 | テレビ広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200908280000
踊る広告

リズムに合わせて、跳ねる、踊る、女の子が印象的だったポッキーの広告



あれは、かなり印象的だった。



『誰だろ?この子??なんか見たことあるけど・・・。』



それはいまや、主演ドラマも放送されるぐらい有名となった新垣結衣だった。

もちろん、そのポッキーの広告以前にも色々とドラマや広告には出ていたようだが、

私の中では“見たことある女の子”程度だった。

が、この広告で一気に“すごい気になる可愛い女の子”になったのだった。

とにかく、あの意味不明(笑)な動きが可愛い!

すごく印象に残る広告だった。



他にも、プリッツの広告の国分太一が言う



『支点力点作用て~~~~~ん!!』



や、ハイチュウの浜崎あゆみや堂本剛の言う



『くっちゃらはぴはぴ』



と言う“印象に残るひと言”のある広告もよく覚えている。

特に『くっちゃらはぴはぴ』は、ハイチュウの代名詞と言ってもいいほど私の中で強いイメージを残してる。

やはり意味不明な響きが耳に残るのだ。



こう考えると、私は



『え?何だろう?今の?』



と、ちょっと不思議な感じを持つような広告に弱いのだと思う。


別窓 | テレビ広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200908270000
広告にのせられた~w
数年前のお話になりますが、テレビ広告で大好きなアイドルグループがとあるお菓子を宣伝していました。



大好きなアイドルですからね~

広告を見てから、毎日そのお菓子を買って、食べ続けてしまいました。



人気アイドルですから。お菓子も有名企業のもので、お味は美味しかったですよ!

でもね、毎日1ヶ月くらい買って、食べるとね・・・

体重は増えるし、お小遣いはなくなるしorz



結果的には良いことなし!

(自己満足だけ得られてましたけど~w)



やっぱり人気アイドルグループをテレビ広告に使ってくる有名企業の戦略には頭が下がります。



彼らが宣伝するととってもおいしそうで、「宣伝してるものを買ってる!」なんて喜んでましたからね



いつの時代も広告の女王とか、出演広告本数ランキングとかありますよね。



うま~く消費者を乗せてくれる、企業・広告代理店には頭が下がります。
別窓 | テレビ広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200908260000
どうする?アイフル?-チワワ犬~アイフルの広告
 愛らしい瞳と、なんとも形容し難い瞳の取りあわせ。チワワ犬のクゥちゃんと俳優の清水章吾氏の掛け合い(?)で話題になった「アイフル」の広告は未だに鮮明に残っている。

 金融というデリケートな広告をあんなふうにして柔らかく、コケティッシュに仕立てたのはあれが最初ではないだろうか。

 そもそも動物を登場させることによってカネの絡む業界の広告を柔らかくしているのだが、あのクゥちゃんはそれ以上の役割を果たしたといっても過言ではない。



 この広告が気に入り、携帯の着信にこのときの「どうする?アイフル?」という曲を使っている。そればかりか、チワワ犬が誕生したというメキシコのチワワ地方まで旅行したこともある。チワワ犬はどこにもいなかったが・・・



別窓 | テレビ広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200908250000
分かりやすく、実のあるテレビ広告
環境問題で、自分でも小さなことの積み重ねで出来ること。

こんなことが出来るんだよっていうのを

とっても分かりやすく、ついつい笑みが出てしまう

テレビ広告にしているのがあります。



たぶん、皆さんも1度か2度は見ていると思いますが、

公共広告機構の「はっけよいエコライフ」。

琴欧州が出演しているテレビ広告で、

一つ一つのエコを相撲の技にたとえているもの。



たとえば、「売っちゃり」、「つきだし」、「こてひねり」などなど、

ワンアクションごとに、相撲技の言葉が、

リズミカルにぽんぽんと出てきます。



このテレビ広告を見たとき、エコって難しいことでは

全然ないんだなぁ。誰だって、出来るものなんだなって

あらためてかんじしました。



自分に出来るエコが、毎日の生活の中に

たくさんあるんですよね~。

そんなことを考えさせてくれたテレビ広告に感謝!
別窓 | テレビ広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200908240000
CAT'Sのテレビ広告

印象に残った広告といえば、私の中ではCAT'Sのテレビ広告です。一度CAT'Sを観劇したことある人なら”マキャヴィティとの戦い”の音楽に乗ってあの猫たちが”一瞬でもキャッツ!!”のフレーズにあわせて登場するTVに釘付けになること間違いなしです。CAT'Sって見るたびに変わるキャスティングで同じ猫の役でも全く異なった演出がされていて、見るたびに新鮮な気持ちになります。

 またこのテレビ広告をみるとCAT'S劇場に初めて行ったときの記憶がよみがえります。ロビーから続く扉を開けると客席と舞台とがが一体となった都会のゴミ捨て場。まるで自分が猫になったよう。そして最初に闇に光る無数の猫の目。圧倒的なパフォーマンス。本当に劇団四季の看板ミュージカルといっていいでしょう。

 まだ見に行ってない方、ぜひおすすめなので見てください!!


別窓 | テレビ広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200908210000
HPの広告
いままでにおもしろかった広告

いっぱいあるけど、近年やはりおもしろかった、というかいまだにやってるから面白いというべきかな。

やっぱしHP広告でしょう。

HP.

ホットペッパーでしょう。

あの吹き替えもの。

むかし、内村プロデュースでも、似たような海外映画の一部の

台詞を勝手にアフレコして笑うという企画がありましたがまさにそれ。

なにかわからないけど洋画の一部をアフレコしたものにはじまり、そのうちスマップなどの日本のドラマ(バラエティー?)の一部のアフレコやら、といろいろなものにアフレコしているんですが、どれを見ても面白いんですよね

そもそもの企画段階で面白いので、あとはちょっとやればかなりおもしろいというちょっとずるい気もしますが、新作が出るたびに笑えます。

あとは映画館での広告かな。

映画が始まる前の広告です。

「映画を見るためにベストポジションを調べましょう。

両手を前に出して、人差し指と親指でL字を作って長方形を作ってください。」


といわれ、その通りにすると、ちょうどその枠の中に某クレジットカードが現れちゃうというもの。

参加型の広告というか、そういった趣旨のものも、笑えるわけじゃないけどおもしろいですよね
別窓 | テレビ広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200908200000
ウナコーワのテレビ広告
最近見て、気になっている広告は、ウナコーワのテレビ広告です。

テレビを見ていたら、ジャイケルマクソンでも中川家の弟も気になっていた見たいです。



誰が出演しているのかを調べていましたが、忘れちゃいました。

結構有名な女優さんみたいですが、あの気になるコミカルな踊りと、

ちょっと胸を強調した踊り。

気になって仕方ありません。

ただ

顔のアップがまったくない感じで、ほんとに誰なのか分かりません。

気になって仕方ないです。

誰か教えてください。
別窓 | テレビ広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200908190000
SMAPが出演しているポカリスエットのテレビ広告
私はテレビの広告をチェックするのが好きなんです。

特に多いのがSMAPのメンバーが出演しているテレビ広告

毎日のように見ますしね。

私もSMAPのファンなので、チェックはかかせません。



最近、お気に入りなのがポカリスエットのテレビ広告

色んなバージョンがありますが、最近よく流れている5人でのテレビ広告が好きなんです。



あれは5人一緒じゃなくて、別々に撮って合成したと聞きました。

合成っぽく見えないし、本当に今の技術って凄いですよね。
別窓 | テレビ広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200908180000
気になる木の広告!
やっぱり、日立の「この木なんの木」の

テレビ広告が今でもとても好き。

あの歌がテレビから流れるとつい、見てしまう。



木の生命力とか美しさとか

大切さとかそういった色々なものが

自分の成長とともにどんどん深く

感じられるようになっていくのが解ります。



若い頃に見ていたときは、「大きいな」「見に行きたい」

なんて感想だったのだけれど

今、この年齢になると例えば命の大切さとか

自然や環境の事、なども連想させられます。





これからも、このテレビ広告が終わる事無く

テレビで放送されるととても嬉しいと思います。



別窓 | テレビ広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200908170000
いつも心に残るいいちこの広告
広告で好きなシリーズがあります。
それはお酒の広告なのですが、いいちこの広告です。

テレビの広告もBGMやナレーションが入っていてステキですが、雑誌広告や駅にはってあるポスターの写真がとても素敵です。
自然が美しい写真が多くて、こんなところに行ってみたいなぁ...と、見ていると夢見心地にしてくれます。

以前、掲載期限の切れたポスターをもらったこともあります。
でも部屋にかざろうと思ったけど、大きすぎて飾れませんでした(^ ^;)
駅のポスターって、けっこう大きいのですね。
今も取ってあります。
別窓 | その他の広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200908140000
今までに見た中で感動した広告
「あの日、初めて買ってもらったのは、鉛筆でした」

テレビドラマで使われていたフレーズだったようですが、私がその広告を始めてみたのは、電車の中でした。



本当に、衝撃でしたね。

そのワンフレーズを見ただけで、父親と母親と文房具屋に行って鉛筆を選んでいる姿がありありと浮かんできたんですね。

親への感謝の気持ちが湧き上がって、鉛筆のあたたかさも同時に感じて、その日は文房具屋に行って鉛筆が今どんな種類が出ているのかを見に行きました。



たったワンフレーズがあれほど心に残ったのは、後にも先にもあの広告だけでした。

言葉の単語をつなぐのは誰でもできるのに、心に残るワンフレーズを思いつくのは本当に大変で、本当に素晴らしい仕事なんだなと感じました。
別窓 | 雑誌広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200908130000
キャラクター焼きを使った広告
日ごろ注意して映像を眺めていない中でも

目を惹く広告は、興味の対象であったり

ジブンの気にかけている人であったりと様々だけど

その中でも近年、

心に残ってはいまだ鮮明に覚えているものがある。

それは、金融会社の広告

初老の男性がかわいらしい愛犬に魅入ってしまい己の計画性を見失うというもの。

ある種、一つの術としてキャラクタ焼き、インパクトはさほどなくとも形容詞ウケしやすいキャラでその広告に目を向けた瞬間からずっと心を奪われているww

その広告の初老男性のようにw
別窓 | テレビ広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200908120000
「男子に使って、ほしいのだっ!」資生堂 unoデオドラントスプレーの広告
タイトルのセリフでお馴染みの、資生堂 uno(ウーノ) デオドラントスプレーのテレビ広告です。

松岡修造さんが良い意味で暑苦しいまでに、熱く商品のよさをアッピールしているのですが、なぜか画面四隅の一コマにしか映らない!?テレビ画面に映っているグラビアアイドルの方が画面の殆どの面積を占めているのに、グラビアアイドルが喋る部分は、最後のキャッチフレーズのみという、普段観ているテレビ広告にはあまり無い手法で、こんな商品がありますよ。と提案をしている手法が面白いと思いました。

そして、もう一つの魅力は、世の【男子】が目を奪われるグラビアアイドルの方々です。キュートに、元気に限られた広告の時間の間で、グラビアアイドルの方々がかわいくてセクシーな水着姿を見せてくれて、最後のキャッチフレーズを世の【男子】に投げかけます。この声に反応した全国の男子は、ドラッグストア等でデオドランド商品を探すときに、この商品のことを思い出すことでしょう!久々に面白いテレビ広告を見た気がします!
別窓 | テレビ広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200908110000
印象に残った広告教えて
よい広告とは何でしょうか?

単純なことですが、案外見落とされたり曖昧なままにされたりするのが広告の目的です。

若いバーバーはよく上司にデーザーインしていると、<font style="color:#339900;">だれが? だれに? なにを? いつ? どのように?</font>がないと注意され「だって原稿になかったもの・・・」と苦しい言い訳していました。広告は見る人に何を伝えたいのかなのですよね。

はじめから解っていて当たり前のようなこの5つの「?」に、的確に答えるのは意外と

難しいのです。 広告の大きな目的は、大きく分けて二つあります。「注目させる」ことと「情報を伝える」ことです。もちろん、ほとんどの場合はその両方を満たすことが必要です。

しかし通販カタログ、チラシ、ポスターそれぞれ目的や機能がちがいます。

<font style="color:#339900;">まず目を引くこと、そして納得していただくこと、ここが大きなポイントだといえますね。</font>

目を引くといえば知っていますか・・・・・?

電車などで見るつるし広告・・・・どこに一番見てもらいたいもの・知ってもらいたいものが書かれているか?????

では、雑誌などの表紙はでしょうか・・・・????わかります?

は~い、正解ですょ

つるし広告は下ですね。上に大事なポイント書いても見えませんものね下に書けば遠くからでも見えるでしょ

雑誌・パンフレットなどは・・・置き方がポイントなんです。旅行会社などのパンフレットはどんな風に置いていますか。網みたいで階段式ですねイメージできましたか。

バーバーの好き広告はと聞かれたから・・・桜祭りの広告でしたよ色鮮やかなワンポイント写真を前面に使って、字は大きめの明朝系の短いキャッチフレーズ、後は伝えたいことを下のほうに小さめのゴジックで・・・・イメージできましたか。(見本でもあればいいんだけどね。ごめんないね)
別窓 | その他の広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200908100000
ファッション広告の魅力

社会人になってから土日しか私服を着ることがなくなったのであまりファッションに気を使うことはなくなりました。大学時代はそれとなく力を入れていた方だと思いますが、きっかけがありました。それは電車内の広告でユニクロの広告でした。当時私が通って」いた高校は土曜日もあって日曜と祝日しか休みがありませんでした。友達は土日・祝日と休みだったわけですが・・・。ある日にユニクロの白のジャケットの広告でした。当時のお小遣いの使い道はレンタル屋のCDレンタルか、ゲームソフトを買う程度でした。服なんて着れればどれも変わらないと思っていた私の価値観を変えてくれる広告でした。くだらない理由ですが、そのジャケットが好きな芸能人が着ていた物に似ていたからです。好きな芸能人が着て広告していたわけではないですが、あの人のようになりたい!と思わせる広告でした。広告は人をその気にさせるものだと思いました。


別窓 | その他の広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200908070000
思わず騙されてしまった広告
テレビ、新聞、雑誌にはいろいろな広告があふれて、よっぽどの内容でないと思わず引き込まれてしまうなんてことはめったにありません。視聴者・読者を引き込ませようと様々な智恵を絞って作られている広告もあれば、広告をなめているのかと思わせるようなものまであります。そんな中で、”こいつはやられた”と思わず脱帽してしまった広告は日本生命の「生きるチカラ 2つあるといい、ゴルフ編」。さっきまで騒がしく音を立てていたテレビがいきなり静かになって、ゴルフ中継に聞きなれた戸張捷さんの声が聞こえてくる。えっ!っと思わずテレビを見ると、ゴルフ中継。しかも、ピンを狙ったパットショット。状況を飲み込めないままゴルフボールの行くへを見つめ、ピンを外した時にはテレビから聞こえるため息と同じく自分もため息をついてしまった。そしてなぜかもう一つピンホールが現れイン。なんだこれ?と思っていたら商品広告が流れ、ふと我に返る。この不意をついた広告は、くやしいがなぜか何度も騙されてしまった。やかましいだけが人の注意を引く方法ではない、ということに感心させられた広告でした。
別窓 | テレビ広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200908060000
日本に勇気を~日興コーディアル証券の広告

世の中には多くの「広告」が存在する。


素晴らしい提案で、お客に多くの利益を出すことに貢献している広告もたくさん存在する。


商品を売るにしろ、集客にしろ、広告は大きなウエイトを持っており、マーケティングを少々勉強したくらいでは広告のプロにはかなわない。


そんななかで、特に最近印象に残っているプロの広告がある。


新聞で見た広告だが、コピーは「日本に勇気を。世界に驚きを」だ。


このワードはよく工夫されていると思うのだ。


つまり「日本」と「世界」が対になっていて、「勇気を」と「驚きを」が対になっているのだ。


イメージ写真には、イチローが7月10日に第3打席、メジャーリーグ・オールスターゲーム史上初のランニングホームランを放った瞬間の写真を使っているのだ。


これは結構インパクトがある。


この広告は日興コーディアル証券の新聞全面広告だが、日興は、世界有数のネットワークを活かした商品・サービスを日本中に届ける挑戦を続けているという企業イメージを、この広告で伝えているのだ。


そのイメージを、想像を遙かに超える活躍で日本人に大きな感動と勇気を与えてくれるイチローに代表させたというこの広告に、日本人なら誰でも好感を持つのではないだろうか。


さすがプロの広告だ。


別窓 | 新聞広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200908050000
三菱自動車「ミラージュ」のテレビ広告 インパクトはあったけど…

印象に残った広告と言うと、三菱自動車「ミラージュ」のテレビ広告です。スポーティな新車のスピード感を出すために採用されたのが「エリマキトカゲ」だったのですが、あまりのインパクトで商品である自動車がかすんでしまったほどです。



それまであまり有名でなかった「エリマキトカゲ」の知名度は急上昇したみたいですが、「ミラージュ」の認知度はいまいちに終わったと思います。



かなり話題になった広告だったので商品も思い出せますが、売上にはまったく貢献しなかったでしょうね(笑)


別窓 | テレビ広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200908040000
ハエ、蚊の天敵、キンチョーのテレビ広告
ハエハエ蚊蚊蚊キンチョールかなりインパクトがありました。



鶏のマークで有名なキンチョーのテレビ広告!!



広告の最大のテーマはいかにお客や視聴者の目をひきつけられるか!いくら巨額の投資をしても肝心のお客や視聴者の目をひきつけられずインパクトが薄いとせっかくの広告も無駄になってしまいます。



しかし、キンチョーの広告は新しいバージョンが出るたびにユニークで面白くとても好印象です。



最近では今、話題の人藤原紀香が大友康平と共演しているテレビ広告!!



藤原紀香が蚊に利くカトリスを回転してよく効くのと説明すると大友康平がこんなもんが利くのか?と問う!!



すると藤原紀香があんたのその疑い深い目が好きというオチ!

キンチョーの広告はいつも面白くまた上手に宣伝しているという印象を受けます。

やはりキンチョーは面白い!!


別窓 | テレビ広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200908030000
| 印象に残った広告教えて(テレビ広告、インターネット広告、etc) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。