スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
どうする?俺 ライフカードのテレビ広告
私が印象に残っているテレビ広告はライフカードのテレビ広告です。

「どうする?俺」というセリフ、普通なのになぜか忘れないんですよね

インターネットで続きが見れるところも面白いですし、オダギリジョーのコミカルな演技も見所ですよね

初めて見たときは、自分だったらこのカードとか、考えましたね。

実際にネットで続きを見たこともあります。ネットのほうも楽しいですよ

本物の人生もカードの切り方ひとつで、いろんな方向に行くような気がしますね。普段、悩んだ時はこのセリフが頭に浮かびますね。



最近は、テレビ広告インターネット広告が連動しているものが多くて、テレビ広告で終らずに、ネットでも楽しめて、広告にもこんな使い方があるんだと感心しました。

テレビ広告インターネット広告の両方を見ることで、その企業への関心も深まって見る側、見られる側、両方にとっていいことだと思います。

こんな楽しい広告が今後も増えて欲しいですね。
スポンサーサイト
別窓 | テレビ広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200910220000
バナナが頭から離れないテレビ広告

印象に残ったテレビ広告は、「バナナの王様甘熟王」でした。







見た瞬間は、とくになにも思わなかったのですが、近くのスーパーにお買い物に行ったら入り口に、デカデカとバナナを積み上げるように並べて、しかもテレビと全くいっしょのメロディが何度も何度も流されていた。


その広告インターネット広告にもあるのを見つけてまたビックリ。テレビと実際に購入する場所のすぐそばで、またインターネットを連動させて、商品のイメージ広告を効果的にお客様に伝えることができていると感動しました。



シンプルでわかりやすい広告が強烈でした。いまでもバナナをみると自然に頭の中に浮かんでくる。



売ってる会社のことはほとんど分からないけれど、「バナナの王様甘熟王」の文句だけは、なかなか忘れられない。バナナを買うときは、それを思い出してしまう。


別窓 | テレビ広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200910200000
公共広告機構のテレビ広告
私の今までに一番心に残っている広告は、公共広告機構のテレビ広告です。テーマは確か、「地球環境保全」だったと思います。



まず、浜辺に二人の人が座っている様が映し出されます。そして次の瞬間、その人間がありえないような形で崩れ、ドキッ!!とします。崩れてから、「ああ~、人間ではなくて、浜辺の砂で作ったものだったんだ…。」と分かるのです。



あのドキッ!!とするところがとても印象的で、今までにあんなテレビ広告はなかったと思います。地球環境の破壊が進んでとても切迫した状況であり、緊急に対策が必要なことがあの短い間によく表現されていたと思います。手法も独特で、面白いテレビ広告だなぁ…と興味を覚えました。
別窓 | テレビ広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200910190000
レモンガスのテレビ広告

レモンガスのTV広告をご存知ですか?

最初に見た時は すごくローカルな広告だなぁと思いながらも

出演している かわいい女の子とその子のレモンガスを紹介する楽しいラップが頭から離れませんでした


それから、一時しTVで レモンガスの女の子も有名になり、最近も特集で、TVに女の子がでていました


あやめちゃんという子で「レモンガス」の広告やパソコン上の広告でもラップを聴く事が出来ます


4つのパターンの広告を見れますが、今見ると又、かわいいらしくちっちきちちぃいい~の言葉が抜けません!



今やオール電化などもあり、ガスを使う世帯も少なくっているのでこの「レモンガス」の広告の評判はすごく大きなものになっているでしょうね!



パソコンでの広告では、ラップ少女に目がいきあまり「レモンガス」をよく知らなかったので勉強しましたが・・



今では、アクラクララというウォーターサーバーの商品などが「レモンガス」からでているそうです



これもラップ調であやめちゃんが紹介していましたが(笑)

分かりやすかったですよ



今や、お水を飲む人も増えてきていますよね

電話一本で ウォーターサーバーを自宅に持ってくれます



又冷水・温水が出て、体に良いとの事

又リサイクルも自分でしないで良いのでエコなんです



エコを知り、ラップ少女も知り、楽しい広告ですよ!


別窓 | テレビ広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200910160000
ダスキンのテレビ広告

3年ほど前の「ダスキン」のテレビ広告が今でも印象に残っています。



飲食店でゴキブリ一家が食事をしているんです。


パパゴキブリ「どうだ、うまいか?」

子ゴキブリ「うん、おかわりしてもいい?」



するとダスキンのゴキブリ駆除の人がやってくる。

パパゴキが店主の顔を見る。

店主が目をそらす。


場面は変わって、飲食店を出たゴキ一家が手をつないで商店街を歩いてる。


子ゴキ「おかわりできたのに、ボク・・・」

ママゴキ「そうね。」


商店街に消えるゴキブリ一家。


なんかとっても切ないんですけど(;_;)

嫌われ者のゴキブリを抱きしめたくなるような・・・


別窓 | テレビ広告 | コメント:0 | トラックバック:0
200910140000
| 印象に残った広告教えて(テレビ広告、インターネット広告、etc) | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。